« 声色 | トップページ | 色々な人に甘えて »

「自閉」という言葉

ある大手サイトに「自閉」というタイトルの記事が載っていました。
その内容は、そのサイトの別の記事に「一番心を開かず自閉症気味」という事が書いてあったことに気がついた学生さんからの指摘に対する記事でした。
こういう記事が記載されること、非常にうれしくも思う反面、未だに間違った「自閉」という言葉の使い方が日常化しているという事実を突きつけられたようにも感じます。
マンガやドラマで、「自閉症」という障がいについて描かれる事が多くなり、皆が分かってきてくれているんだな、と感じていますが、まだまだ、皆に広く伝えていく努力を惜しんではいけないんだなぁ、と思いました。
ですので、私も、もっとこのblog、魅力的にしてみんなにみていただけるといいんですが、文章がヘタな私、まだまだ努力不足のようです。

|

« 声色 | トップページ | 色々な人に甘えて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私もこの記事見ました。
先ほど見たら「自閉2」というのが増えていました。

学生の時とか
「お前ちょっと自閉入ってるんじゃない~?」とか
「知恵遅れだよ~、おまえ」
とかふざけて言ってるの聞いたことありますが
身内や身近にいると
そういう会話ってモヤモヤしますよね。

投稿: さるさるさー | 2007/02/11 12:03

でも、私も、「自閉症」というのを知ったのは、つい最近の事でした。
TVで、1時間の特集番組を見て、真実を知り、また、その後、自分の子供で知り…といった感じです。
ですので、以前に私も、そういった使い方をしていたかもしれません。
その反省の意味を込めて、正しい「自閉」を伝えていかないと、と思っています。
ですので、モエの自閉は会う人ごとに「この子は自閉症で、障がいなんですよ」と言っていた時期がありました。

投稿: Tome | 2007/02/11 12:19

自分の周りにいなければ
そういうもんだと思いますよ。

学生の時の人でいうと
ただの「おふざけ」で使っていて「悪気」はない。

自分がその立場にならなければわからなくて当然
だと思うんです。

私の場合はもう生まれたときから兄を見てたから
「使い方間違ってるよ」と思ってました。
でも、「まぁ、悪気はないんだろうねぇ」って
思ってその人たちを見てました。

そういう点で「僕の歩く道」はよかったですよね。
実際はもっとすごい行動ですがなんとな~く
『あ、今まで使っていた自閉気味って言葉は
ちょっと違うんだな』って気付いてくれた人
いるかもしれませんね。

少しでもこのブログを通じて
自閉症というものをみなさんに伝えられるといいですね♪

うちの父はあまり認めなかったからな~。兄の事。
だからTomeはすごいと思う、ちゃんと受け止めていて。

応援してます。Tomeさんの文章、好きですよ、私は。

投稿: さるさるさー | 2007/02/11 12:36


下から2行目、呼び捨てにしちゃってます。
Tomeさんはすごいと思う、です。
ごめんなさい(T_T)

投稿: さるさるさー | 2007/02/11 12:39

さるさるさーさんに、そう言って頂けると、少し気持ちが軽くなります。
確かに、「僕の歩く道」は、「自閉」を知ってもらうには、よいドラマだったかもしれませんね。

あと、呼び捨ての件ですが、実は呼び捨ての方が、しっくり来たりします。
Tomeってのは、昔のあだ名からとっているのですが、その際も呼び捨てでしたので。
ですから、気になさらず、というか、これからも呼び捨てでよいですよ(^_^)

投稿: Tome | 2007/02/11 17:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37687/13853119

この記事へのトラックバック一覧です: 「自閉」という言葉:

« 声色 | トップページ | 色々な人に甘えて »