« もうすぐ卒園式 | トップページ | 別れの季節 »

「自閉」という言葉 その2

以前にも少し書きました「自閉」という言葉が独り歩きしているのではないか、という話です。
今日、ネットのニュースで次のように書かれているのを見ました。

「自閉症や自殺未遂する子たちを社会に戻れるように導いてあげている人」

もともと自閉症は社会からドロップしている訳ではありませんから、「社会に戻る」という表現は適切ではありません。「社会に出ていく」という表現なら、まだ分かりますが。
「ひきこもり」の意味で「自閉症」という言葉を使ったのではないか、ともとれる表現では無いでしょうか?
この記事を書いた人は「自閉」についてちゃんと理解しているかもしれません。だとすれば、このような、誤解を招きかねない表現はやめてほしいかな、と思いました。

|

« もうすぐ卒園式 | トップページ | 別れの季節 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37687/14363256

この記事へのトラックバック一覧です: 「自閉」という言葉 その2:

« もうすぐ卒園式 | トップページ | 別れの季節 »