« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

思わず目頭が

モエの保育園の担任の先生が今日でお別れでした。
朝、モエを送っていたときには会えなくて、今日は嫁さんがお迎えの当番。その為、もう、その先生とは会えないかな、と思っていました。
すると、夕方、嫁さんから携帯に連絡が入り、今日は遅くまで先生がいる事を伝えてくれました。
で、仕事が終わってあわてて保育園へ向かい、先生と会うことができました。
が、何を言っていいのか、なかなか言葉になりません。
嫁さんに「先生にあうと、泣けてきてたぶん、何も言えないなぁ」と以前言っていましたが、本当にその通りになってしまいました。
うまく、感謝の言葉を伝えられませんでしたが、最後にお会いできてよかったな、と思った今日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遊園地へ

ナナが通っている、学童保育の施設で今日、遊園地へ行ってきました。
ナナは「ジェットコースター、怖い」と言って、ほとんど乗れるものがないので、家族では遊園地へはほとんど行ったことがありません。ディズニーランドにいった時も、乗り物ではなく、パレードやショーを中心に見ていました。
ですが、今回は昨日から「ジェットコースター乗ってみたい」と言っていました。
で、今日、帰って来て聞いてみたのですが、結局、ジェットコースターには乗れなかったそうです。
その理由は、すごく混んでいたからとの事。
忘れていましたが、世の中、春休みなんですよね。ですから、遊園地も混んでいたようで、ジェットコースターも並ばないとダメだったようで、あきらめたみたいです。
ナナは、「また行きたい」と言っていますので、今度は、家族で遊園地へ行ってみたいと思います。が、モエがいますから、なかなかジェットコースターに乗れないかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

別れの季節 その2

先日、モエの園長先生が退職される事を書きましたが、それだけではありませんでした。
モエの担任の先生も退職される事を伝えられました。
この先生、モエが最初に名前を覚えた先生でもあり、保育園に入ってから、ずっとモエを見ていただいていた先生でした。
なんとなく、卒園するまで、見てくださる、と(勝手に)思っていただけに、ショックは大きいです。
モエが、その先生がいない保育園でうまくやっていけるのか、という点も心配です。

ですが、先生のお陰で、今のモエがいるのは、間違いない事実です。
モエが春からやっていけるのか、という点も、心配ではありますが、なんとかなるかも、とも思えるのは、先生のお陰です。
ですから、少し寂しいですが、先生に感謝の気持ちを伝えつつ、あと少し、モエをお願いしたいと思います。
そして、笑顔で、先生を送りたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卒園式、無事に終了?

今日は、モエの保育園の卒園式。
という事で、いつもより早めのお迎えです。
本人の弁では、「ちゃんとできた」との事です。園の先生に聞きたかったのですが、卒園式の後の茶話会の為、バタバタしているようで、聞くことができませんでした。
明日、もう一度聞こうと思いますが、少し聞くのが怖い気もします…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

別れの季節

この時期、出会いと別れの季節ですね。
モエの保育園の園長先生が退職される、と園からのお手紙で知りました。

この園長先生が最初にモエの事に気がついてくれました。
結果、入園とほぼ同時に自閉という事が分かり、園側もいろいろ配慮して頂けました。
本当に、感謝してもしきれない、先生でした。

今日、モエのお迎えの際に、園長先生がみえましたので、少しお話ししてきました。
その時、
「入園時の1日保育の時、どうなるかと思いましたけど、今はほんとしっかりして…」
とおっしゃって頂いて、本当にうれしかったです。
ほんと、保育園でモエが学んだ事、成長した事ははかりしれません。
できれば、あと1年、モエが卒園するまで、いてほしかったんですが、でも、本当にお疲れさまでした。
お姉ちゃん含め、約5年間、お世話になりました。本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「自閉」という言葉 その2

以前にも少し書きました「自閉」という言葉が独り歩きしているのではないか、という話です。
今日、ネットのニュースで次のように書かれているのを見ました。

「自閉症や自殺未遂する子たちを社会に戻れるように導いてあげている人」

もともと自閉症は社会からドロップしている訳ではありませんから、「社会に戻る」という表現は適切ではありません。「社会に出ていく」という表現なら、まだ分かりますが。
「ひきこもり」の意味で「自閉症」という言葉を使ったのではないか、ともとれる表現では無いでしょうか?
この記事を書いた人は「自閉」についてちゃんと理解しているかもしれません。だとすれば、このような、誤解を招きかねない表現はやめてほしいかな、と思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうすぐ卒園式

もうすぐ、モエの保育園の卒園式です。
モエ自身は、2回目の参加となります。練習の様子が心配でしたが、今日、嫁さんが担任の先生と少し話してきたようです。
練習の際に、大きな声であくびをしたりしているそうです。
先生曰く、「ちゃんと説明すれば、なんとかなるでしょう」との事でしたが、多少心配です。
また、自分の過去の経験にこだわり、それに沿っていない行動をする他の子に対して、非常に厳しい態度をとるそうです。
また、なんやかんやで泣くこともしばしばあるそうです。

親の目と違う、客観的な言葉を聞くと、改めてモエが自閉なんだなぁ、と思います。
できる事は確実に増えているかとは思うのですが、やはりできないこともそれと同じくらいあるんだなぁ、と。
あと1年で、小学校に進学です。それまでの間、どう進学すれば、モエにとってよいのか、じっくりと考えていきたいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャレンジ2年生

先日、チャレンジ2年生の1回目が届きました。
いつも置いておいた場所が一杯になりましたので、今年1年分を整理していました。
気がつくと、結構な分量です。この量を、私が「やれ、やれ、やれ」とぐちぐち言っているのを聞きながら頑張っていたんだなぁ、と思い、ほんと、ナナはよくやった、と思いました。
何度か、「もう止めよう」と言っていましたが、なんとか最後まで続けられました。
まあ、所々、完璧ではない所はありましたが、よく頑張ったと思います。
2年目も頑張れるといいなぁ、と思いつつ、学校の宿題も増えるでしょうし、無理しない程度に頑張ってほしいな、と思います。

モエも「やりたい」と言っていますが、さて、モエはどうなるでしょう?
とりあえず、お姉ちゃんのお下がりで様子を見ようかな、と思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広汎性発達障がいの親の集い

私たちの住んでいる街で行っている、「広汎性発達障がいの親の集い」に久々に行ってきました。
今回は、私たちの街で活動している「こんぺいとうの会」の方を交えての座談会、という事でした。
「こんぺいとうの会」の方は就学されている方の親御さんが多く参加されている、との事で、あと1年と迫った、モエの進学の為の参考になるかな、と思いまして話を聞いてきました。
就学の話は、事前に学校と打ち合わせをよくやっておきましょう、というお話でした。また、担任が変わるたびに注意してほしい事を、春休みの間に打ち合わせをして、新学期になったときに子供が困らないようにしている、という話を聞きました。
他にも、睡眠障がいの話や、トイレの話がでました。
うちの場合、睡眠障がいは、ほとんどなく、そんなに困った事はなかったのですが、他の方では朝方まで眠らないなど、色々大変なようです。
同じ悩みだな、と思ったのはトイレの事でした。
オムツがなかなかとれない、という話もあがりました。うちもそうでした。というか、まだ夜は紙パンツです。
あわてないで、根気よくやっていると、ふっとできる様になっている。あんまり慌てなくてよいよ…といった話がありました。うちもそんな感じで、1度トイレでできるとあとは自分からトイレへいくようになりました。
でも、なかなかオムツがとれないと、心配になるんですよね。私たちも別の人から、「慌てなくてよい」という話を聞いていたので、のんびり構えていることができました。
先輩方の話や、同じような親御さんのお話を聞くことは勉強になりました。来年の就学に向けて、少しずつ動いていきたいな、と思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

基礎グレード、無事合格

先日、受験しました、音楽教室の基礎グレードですが、ナナ、無事に合格しておりました。
なかなか結果が帰ってこず、また、他の教室の合格発表が先にあり、「どうなったんだろう」と心配しておりましたが、単純に教室の関係(先週はお休み)で、結果の連絡が遅くなっていただけのようでした。
いろいろな項目で二重丸や丸で評価してあるのですが、大体二重丸なのですが、「音程に…」となっている部分がほとんど丸でした。
まあ、気がついていたんですが、ナナ、正しい音程で歌うってのが苦手なようです。
この辺り、私の「音痴」を受け継いだのでしょうか…
ただ、まだまだ始めたばかり。これから一杯練習して、演奏だけでなく、上手に歌えるようもになってほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画に行ってきました

今日、映画に行ってきました。青いタヌキことドラえもんの映画です。
ナナは以前にも映画に連れて行っていましたから心配は無用でした。ですが、モエは今回が初体験。
始まる前からテンションが高く、少し心配しておりました。
が、始まってからも、「暗い」とかいって騒いだりせず、大人しく見ていました。
一安心、と思っていましたが、話の途中で、悪い奴らが大量にでてきたシーンで、「怖い、怖い」と言い始め、落ち着きがなくなってきました。
「目をつぶって、お父さんにくっついて」といって、なんとかなだめようとしましたが、椅子の上でうずくまったりして、なかなかうまくいきません。幸い、そういったシーンが終わると、またちゃんと見ることができるようになりました。その後もそういったシーンが何回かでてきまして、その度に「怖い、怖い」といって同じ様な行動を繰り返していました。
ただ、他の人に迷惑になるほどではなく、なんとか見終えることができました。
映画が終わったあと、「怖かった~」といって、泣き始めたのには焦りましたが、「頑張って最後まで見れたんだから、泣かない」といってあげましたら、なんとか涙を我慢できたようです。
今度から、映画に連れて行くときには、内容をリサーチしてからにしたほうがよいな、という事を勉強しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あゆみ学園のおたのしみ会

今日は、いつもモエがお世話になっている、あゆみ学園でおたのしみ会がありました。
あゆみ学園は、週1回、1時間ほどお世話になっているんですが、いつもは二人で一緒に遊びながら、色々学んでいます。
で、今回はみんなが集まりましたので、なかなかにぎやかな会となりました。
内容は、小学校に進学する子のお祝い会、お遊びと、おにぎりパーティでした。
おにぎりバーティと聞いて、どんなのかな、と思っていましたら、自分たちでおにぎりを握って食べよう、という、子供たちにとって、楽しめるものでした。
うちのモエも、頑張って、丸いおにぎりを作って食べていました。
これから、保育園でおにぎりがいる時は、モエに作ってもらおうかな、と思うくらい、ちゃんと作っていました。
これをきっかけに、また、色々、ごはんのお手伝いをしてくれるとうれしいな、と思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お留守番

昨日のPTAの役員会のとき、娘たち二人でお留守番をしてもらっていました。
昨日は嫁さんが遅くなる日だったため、どうしても時間が合わず、二人に「お母さんが来るまでお留守番」といって、家を出ていきました。
なにせ、比較的長時間、二人だけにするのは、二人が寝ている時を除いて始めて。
「電話にはでなくていい」や、「誰かきてもドア開けないように、お母さんはカギもっているから」など、色々言いました。
私が戻ってきた時には、嫁さんは戻っていましたし、二人は寝ていました。
色々とあったみたいですが、とりあえず、二人だけのお留守番はなんとかできたようです。
モエの事もありますから、なかなか、二人だけ、という訳にはいきませんが、多少の時間なら、なんとかなるかなぁ、と思った昨日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

PTAの会合

今日、PTAの役員の引き継ぎに参加してきました。
いや~、意外に気楽に考えていた部分がありましたが、思ったより、気合を入れてやらないといけなさそうです。
私は、広報担当、という事で、PTAの広報誌を作る仕事が主となります。
前任者のお話ですと年3回発行との事ですが、これが結構大変だということです。
で、この前任者の方ですが…、自分の高校の時の国語の担任の先生でした。なんという偶然。
お陰で、話はスムーズに進んだのですが、先生が「大変」と何度も言われますので、少々ビビっております。
が、せっかく引き受けた仕事ですので、できる範囲で頑張っていきたいなぁ、と気持ちを新たにした今回の会議でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中古車フェア

うちの近くのある、広い駐車場で毎年2回、中古車フェアがあり、かなりの数の車が展示されます。
今日はどもも行くところがなかったので、そこにひやかしに行ってきました。
ふと、モエに
「車の名前覚えようか」
と言ってみました。
というのも、自閉の子の場合、記憶力が非常によい場合がありますから、興味をもったら…と思ってです。
ですが、即答で
「無理」
と答えられました。
それでも、しばらく車を見ながら名前を言っていましたが、売店が見えてきましたら、そっちばかり気になってしまいました。
モエは車にはあんまり興味はないようでした。なにか興味があるもの、見つけられるといいんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実家頼り

今日は、少々仕事がしたくて、嫁さんの実家にナナを預け、モエを保育園に預け、会社に行っていました。
嫁さんがどうしても土曜日の休みがほとんどない為、なかなか土曜日は仕事ができません。
こういう時、嫁さんの実家に申し訳ないかな、と思いつつ、娘たちを頼んでしまいます。
保育園だと、土曜日も見てくださるので、仕事をする身としては、ありがたいのですが、子供からすると、親と遊べない、という事で、面白くないかもしれないですね。
二人に申し訳ないと思いつつ、仕事をしていた一日でした。
明日は、遊んであげないと…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卒業式 Part2

本日は私たちの住んでいる街の中学校の卒業式でした。
昨日までは雪がふぶいていたりしていたのですが、今日は上天気。本当によい卒業式だったと思います。
中学の卒業式で思い出すのは、受験です。
うちの地方には私立小学や私立中学はない為、高校受験が始めての受験となります。
でも、私は、ちょうど私たちの年から始まった推薦制度を使った為、いわゆるペーパー試験の受験は受けませんでした(というか、私大学に行っていませんので、実はペーパー試験の受験というのは一度も受けたことがありません)。
でも、面接と論文の試験があり、非常に緊張してぶっ倒れるかと思ったことを記憶しています。

まだまだ先の話ですが、ナナもいつかは高校を受験することでしょう。その時、彼女が行きたい、向かいたいとおもう学校が、この地方にあればよいんですが…
もし、思うような学校がない場合、ナナには、大きな街に行ってでも、自分の行きたい学校へ行って欲しいです。
でも、もし本当に親元を離れてしまうと、寂しいと思っちゃうんでしょうね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親の趣味が子供に移る?

親の趣味って子供に移るんでしょうか?

ここ最近、ビデオのことを書いていて思ったんです。
子供が見ているテレビやビデオですが、意外に「こんなものを見て…」というものがほとんどない、という事に気がつきました。
うちの場合、ビデオはディズニーや、Pixerのアニメ、あとはトムとジェリーなど。
どれも、私が見ても楽しめるものがほとんど。というか、たぶん、私が見たいものを、子供にみせているのでしょうね。

私、結構、偏った趣味をもっていますから、それが移ったら大変かな、と思います。
音楽だと、誰も知らない昔々のバンドの曲とかばかり聞いています。
車の中でいつも聞いていた曲をモエが歌っていたのには、少々焦りました。
ナナとかが大きくなって、他の子たちと音楽の話をする様になった時、周りとあまりにも違っていると、ちょっとまずいかなぁと…
いや、曲自体は、とってもよいと思うんですよ。でも、それを分かってくれる人が周りにいないと、寂しいんものなんです。
昔のバンドなので、年上の人にその話をすると、「おまえは、一体いくつ年をごまかしているんだ」なんて言われてしまいますし(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最後の授業参観

今日は、ナナの1年生最後の授業参観でした。
私は仕事でいけませんでしたが、嫁さんが行ってきてくれました。
私が家に帰ってくるなり、「ビデオを持っていけばよかった」と言ってきました。
ナナのクラスでは、一人一人が1年間何を頑張ってきたかを発表したようですが、これが、ナナも含めたみんながすごく立派な発表をして、多くの親御さんが、感動のあまり涙した、という内容だったそうです。
確かに見たかったですね。
ナナは、基本的に人前で何かするのが苦手な子でした。ですが、ここ1年で、まだまだ苦手ではあるようですが、人前でちゃんと話したりする事ができるようになってきました。
他にも、他の友達から「一緒にあそんでくれた」「算数を教えてくれた」など、いろいろ言ってもらえたようです。
本当に、ナナは頑張ったんだな、と思います。
でも、あまり無理をしないように、まだまだ長い小学校生活、楽しんで学校に行き続けられるようにしてほしいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

事件とアスペルガー症候群とは無関係では?

あまり詳しくはないので、少しだけ。

今ニュースにて、京都の塾講師が犯した罪の裁判で、懲役18年の判決がでたようです。

この刑が、重いか、軽いか、それは分かりません。

ただ、この報道の際に、やたら「容疑者はアスペルガー症候群で」という言葉が聞こえてきました。
また「アスペルガー症候群は、知的障害のない自閉症」とも。
その際に、アスペルガーについての解説は、上記意外、ほとんどありませんでした。

他の方のblogで「知的障害者でもやっちゃいけないことはやっちゃいけない」という記事がありましたが、本当にその通りだと思います。
が、この報道の結果、アスペルガーが悪い、自閉が悪い、という、一種の「差別」の方向へ向かわない事を願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナイトメア・ビフォー・クリスマス

昨日のネタを引っ張ります。
もともと、私の兄が、もう1枚手に入れたから、という事でもらったDVDです。
最初は、娘たちもこわごわ見ていたのですが、前回書いた通り、お気に入りになっています。
が、お気に入りは、娘たちだけではありません。実は私もです。
携帯のストラップも、ナイトメアのを探してきました。
また、以前、ディズニーランドに出かけたときも、ホーンテッドマンションがジャックに乗っ取られていたのを知っていて、行きました。娘たちには、多少、というか結構怖かったようですが、私はよろこんで乗っていました。いい年して(^_^;
結構昔の映画かと思いますが、何度でも楽しめる、ほんとうによい映画ですよね~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お気に入りのビデオ

「ナイトメア ビフォー クリスマス」という映画があります。
ハロウィンに出てくるオバケたちが、クリスマスをやったら…といったお話です。
オープニングでは、結構怖い感じがするのですが、意外に二人ともお気に入りです。
途中は、ミュージカルの様に、セリフが入った歌があったり、キャラクターがどこか憎めない感じとか、子供でも楽しめるようです。
少し時季外れなのですが、昨日、ナナが久々に見たいと言いまして、家族で見ていました。
モエは、最初、「怖い、怖い」を連発していました。が、お姉ちゃんが「お姉ちゃんの側で見てなさい」と、モエと一緒に見てくれていました。
お陰で、怖い最初のシーンを超えて、あとは一緒に見ていました。
が、モエは途中で飽きてしまったのか、別の遊びを始めていました。
以前は、じっと見続けて、話しかけても聞こえていないような感じでしたが、モエは好みが変わったんでしょうか?
お姉ちゃんの方は、最後までしっかりみて、途中でかけた、私の声も聞こえていないようでした(^_^;
集中力があるのはいいんですが、その集中力を、他の事にも発揮してほしいですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

飲み会

最近、モエもナナも無関係な話題が続いていますが…
以前、保育園の保護者会の役をやっていた事を書いたかと思います。
その時にいっしょに役をやっていただいていたお父さん、お母さん達との飲み会があります。
結婚する前は、飲み屋街まで歩いていける所に住んでいましたので、時々は飲みに行っていましたが、結婚して、市街のはずれに引っ越してからは、なかなか飲みに行くことがありませんでした。
保護者会の役をやるようになって、打ち上げ、と称して飲みに行く事が時々ありまして、それが、役が終わった今も、時々開催されている、といった次第です。
まあ、たまには、のんびりさせてもらっても、よいですよね(^_^;
子供たちのご飯は準備していきますから…(嫁さんが、用事でご飯の時間帯はいませんので、飯当番です…)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

卒業式

今日は私たちの住む町の高校の卒業式でした。
私のときもそうでしたが、いつも卒業式のときは雪が多いのですが、今年は、非常によい天気でした。
私の卒業した高校ではないのですが、この町の高校の卒業式では、ドラマにもなった有名なイベントがありますが、いつも雪の中、寒そうな感じがするんですが、今年はよい天気の中できたのではないでしょうか?

うちの娘はお姉ちゃんもまだ小学1年生、まだまだ先の話ですが、卒業式はきます。
その時、どんな思いを私は、持つのでしょうか?
娘の成長をよろこぶのか、だんだん大人になっていく娘たち、巣立っていく娘たちを思って、涙するのでしょうか…
意外に涙もろい私ですから、卒業式は、大泣きしてそうな気がします(^_^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »