« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

小学校の作品展

今日は、家族で、小学校の夏休みの作品展を見てきました。

今年、ナナが作ったのは、「動物園」。
キリンやペンギン、ライオンを紙年度で作り、それを板の上に並べたものです。

これはナナがほとんど自分で作りました。ただ、作っている所はみていません。
前も少し書きましたが、民間の学童保育施設にナナを頼んでいまして、そこで作っていました。

作品展を見ると、様々なものがあります。
作品も、小さいもの(細かい作業が必要なもの)あり、木工の大作あり、習字やポスターもあり、研究もあり、ほんとうに様々なものがありました。
こんなことを書いては失礼かもしれませんが、「子供じゃ作れないだろっ」というものもあります。
が、それは、多分、お父さんなりが、子供と一緒になって作業したのかな、とも思います。
それは、それで、いいことなのかな、と。

それに比べて、私は…
あんまり、ナナと接してあげられなかったかな、と。

少し反省をして、帰って来た今日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休みの最後

私たちの住む街では、小学校は今日が夏休み最後の日でした。
雪国の私たちの街は、冬休みが長い分、夏休みは少し短くなっています。

ナナ姉ちゃんは、宿題を済ませていましたので、最後の日も無事に遊ぶことができました。
モエはまだ保育園児ですので、「夏休みってなんの事」状態でした。
午前中は、市立の図書館へ、借りた本を返しに行きました。
数年前に改築した図書館ですが、じっくり見たのは初めて。私の興味がある本があるかな、と見ていましたが、借りたいと思うような本がなく、モエとナナがそれぞれ1冊ずつ借りてきました。

午後は、少し暑かったのでプールへ行きました。
が、こちらは意外に涼しく、最初プールへ入ったときは、水の冷たさに、びっくりしました。
そして、水になれてきますと、今度はプールから上がった時にうける風の冷たさにまたびっくり。
子供たちは、偶然一緒になった、小学校の友達や、保育園の友達と遊んでいましたが、「寒くない」との事。子供は強い…

夜は嫁さんの実家でスイカができた、との事でしたのでご相伴にあずかりに行きました。


2夏の間に撮った写真をみんなで見つつ、終わりゆく夏を思い出していました。

もうすぐ秋。そして運動会の季節です。
モエにとっては、保育園最後の、私にとっては、小学校で役を持った最初の運動会です。
どうなる事やら、今から楽しみ、そして心配になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再び花火へ

13先日、別の花火大会へと行ってきました。
今度は家族みんなでお出かけです。
車で向かったため、混むのを避けて早めに出発しました。
その為、花火まで時間が大分ありまして、子供たちが早々に飽きてきました。

それをなんとかなだめつつ、花火を待っていました。
花火が始まると、山間の花火らしく、おなかに響く音で花火が打ち上がります。
子供たちも、その音に驚きつつも、興奮した様子で花火に見入っていました。

時間は短い花火でしたが、なかなか楽しむことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日は七夕

明日は七夕です。
と書きますと、「七夕は7月7日じゃないの?」と思われるかもしれません。
以前も書きましたが、この地方、なにかとイベントを1カ月ずらすのですが、その一つに七夕も入っています。
その為、この地方では8月7日が七夕となるのです。

モエの通う保育園にも、この間から笹飾りが飾ってあります。
そこに飾るように、モエが短冊を書きました。

「しょうがくせいになれますように」

この願いを見て、いろんな思いが、あふれてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花火大会

今日は地元の町の花火大会。モエが、保育園から「花火絵日記」なるものをもらってきていまして、必ず提出では無かったのですが、やはり「花火、花火」となってしまい、モエを連れて行ってきました。
お姉ちゃんは、「今日は疲れたからお留守番している」という事で、お留守番をお願いしました。
というのも、当然、車で近くまで行くのは無理で、普段使っている駐車場からだと結構歩かないといけないからなんです。お姉ちゃん、賢い。

15分位歩いて、橋の上へ。うちの地元の花火は川沿いで打ち上げます。その為、橋で見るのが手っとり早くまた、余分なものに邪魔されないので見やすいのです。
この花火大会、山間の街で川といっても川幅もそんなに無く、大きな花火は打ち上げられません。
その為、そんなに派手な花火大会ではないんですが、それでも、モエには多少心配です。
以前、花火大会へ行った時は音の大きさで泣いてしまった事もありました。

ですが、今年はノリノリで見ていました。途中で保育園のお友達と偶然ながら一緒になったこともよかったのかもしれません。そのお友達について行って、花火を打ち上げている近くに行っても、「音がうるさい、怖い」とはいいつつも、キャッキャといって花火を見ていました。

途中で帰ることになるなぁ、と思っていましたが、結局、ほとんど最後まで見てから帰ることになりました。
さすがに疲れたのか、帰りの車では眠っていました。私も疲れましたが、モエが喜んでいましたので、よかったなぁ、と思った夜のことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »