« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

リサイクル活動

先日の土曜日、モエとナナの通う学校で、リサイクル活動がありました。
昔は「廃品回収」って言っていたんですけど、最近は呼び名が違うようで。

土曜日は事前の予報では、雨との事、心配しつつ、朝を迎えましたが、なんとか午前中は雨が降らず、無事に終えることができました。
うちの学校では、保護者と児童が一緒に参加します。春のリサイクル活動では、5年生の児童と保護者がお手伝いです。
子供が一緒ですと、怪我や事故の心配があるのですが、こういった活動に参加することはよい事だな、とも思います。危ないことしていると、いろんな人から怒られますし、働く事の大変さも勉強できますし。

春のリサイクル活動は、中学校の前に行われるため、量が結構多めとなります。それでも、予定通りの時間で無事に終わったなぁ、と思っていたら、回収もれの連絡が…
その場所に行ってみますと、ものすごい量の新聞、段ボールが…
終わったと思ったあとの作業でしたので、余計に疲れましたが、無事にそれらも回収し、修了しました。
これらのお金も、子供たちの遊具になったりしますから、頑張った甲斐もありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家庭訪問 その後

家庭訪問は無事に終わったようです。
ナナの方は、学校でも頑張っているとのこと。親としては、頑張り過ぎが心配なのですが。
モエの方は、相変わらずのようです。
話を最後まで聞く前に、なにかを始めたり、自分が知っていることを先生が話し始めると、「知っている」と言ったり。
果ては、勉強の進みが遅い、と言ってみたり。
これは、家で、お姉ちゃんもやっていた通信教育をやっているのですが、「学校で習ったところまでやっていい」と言っています。早く先に進みたいモエが、学校でそう言ったようなのです。

先生は特に問題、とは思っていないようですが、少し特徴がでてきたかなぁ、と思っています。
少し様子をみて、またどうしたらよいか考えていきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家庭訪問

明日は、モエとナナの家庭訪問があります。
うちの学校は、地域毎に家庭訪問の日を決めているため、兄弟がいると同じ日に家庭訪問があります。親としてみると、ありがたい話です。
私はまだ家庭訪問の際に、家にいたことがないので、どんな話をするのか、興味はあるのですが、平日、という事もあり、なかなか参加するのは難しいです。特に今年は、PTAの関係で休みをもらう事も多いですので…
まあ、あと何回も家庭訪問はありますので、どこかでは、家庭訪問に参加してみたいと思います。
どんな話になったかは、嫁さんに聞いて、また改めて書いてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入学から1ヶ月が経って

久々にモエの話題を。
入学から、ほぼ1ヶ月が経ち、モエも学校の生活に慣れてきたようです。
もうすぐ家庭訪問なのですが、PTAの役員をやっている関係から、学校へ行く機会が多く、担任の先生から話を聞く事ができました。
先生が飽きさせない工夫をしていただいてる為か、比較的落ち着いているようです。早く作業が終わったときには、他の子を手伝うよう、先生に言ってもらって、手伝ったりしているようです。
泣くこともたまにあるようですが、比較的すぐに気持ちを切り換えることができるようです。

学校での様子では特に問題はなさそうですが、ここ1ヶ月で、トイレに間に合わない、という事が何度かありました。
ひどい失敗、という訳ではなくトイレには入ったのだけど、しゃがむ前にでてしまった、といった感じが多いみたいです。
どこか、モエも無理しているのかなぁ…なんて考えたりもしますが、本人曰く、「遊びに夢中になっていてトイレに行くのを忘れていた」との事なので、もう少し様子を見たいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GWも終わって

GWも無事に終わりました。
嫁さんの仕事の関係で、GWに出かけることはほとんどありません。
で、子供たちも飽きる事が多いのですが、今年のGWはナナの友達が一杯さそってくれたので、子供たちは暇せずにすんだようです。
勉強も頑張っていましたので、休みボケもなかったようです。

今週末は、親子で学校の清掃作業です。リサイクル活動、昔で言う、廃品回収もあります。
なかなか忙しい5月ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

模様替え

私たち家族は、結婚してからずっと同じ家に暮らしています。かれこれ、10年になります。
その10年の間で初めて、結構大きな模様替えをしました。
その理由は、子供たちの机 兼 ベッドを購入したからです。
ナナが入学した時点では、勉強机を購入せず、居間で勉強させていました。
ただ、3年生なりましたら、ぼちぼち、自分の環境で勉強させたいな、という思いから、子供部屋、そして机を準備してあげようかな、という事になりました。
これで済めば、もともと子供部屋に、と思っていた部屋がありましたので、模様替えという程ではなかったのですが(まあ、その部屋にも荷物を置いていたので、それを動かす必用はあったのですが…)、ナナだけ用意して、モエのが無いとなにかとトラブルになるかなぁ…という事で、姉妹でお揃いの机とベッドを購入しました。
机 兼 ベッドと書きましたが、ベッドが少し高い位置にありまして、その下にタンスと机が入るようなものを買いました。のちのち、兄弟で別の部屋になることを考えると、2段ベッドだと、また買い直しとなりそうですし、なにより、上の段で寝ると天井に頭をぶつけそうなのもいましたので、そういった選択をしました。
そこで、そういったのを選んだのはよいのですが、当初予定していた部屋には、そのセットが2組はとても入らないんです(入っても、ベッドの下の机が引き出せず、机が使えない)。私たち夫婦が使っていた部屋の方が少し広いため、部屋の引っ越しをする事になりました。その為、結構大がかりな模様替えになってしまいました。

ベッドの搬入日、部屋の掃除を済ませて、入ってくる部品(部屋の中で組み立てるため)を見ていますと、以外に量が多い。ほんとに納まるのかな、と心配していましたが、なんとか無事に納まりました。
が、当初予定した配置では、机は出るんですが、椅子が入らない、という事で、急遽、向きを変えたりとか、家具屋さんにも手間を掛けましたが、なんとか無事に設置完了。
子供たちも大喜びでしたが、慣れないベッドでなかなか寝つけなかったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宿題の量

PTA総会の後、学年懇談会、学級懇談会がありました。
私はナナの方の懇談会に参加しました。

そこで話が挙がったのが、「宿題が多い」という意見。
毎日ノート1ページ。そんなに多くないと思いますが…

子供さんが、本当にギブアップしているのなら、そういった意見となるのも、まあ、仕方ないかな、とも思いますが、本当にギブアップしているんでしょうか?親が勝手にギブアップしている、と思い込んでないでしょうか?
子供ができる範囲内でしかやらないと、その範囲に収まっちゃうような気がします。
子供ができる、ちょっと上を目指すと、その為に努力して、その努力が実について…という感じで延びていくんじゃないでしょうか?
ですから、私は、多い宿題に賛成ですし、ナナには少し辛いかもしれませんが、頑張ってほしいなぁ、それが自分を伸ばす為だから…と思ってます。

先生が凹んでないかな、と思い、別の日に私の思いを伝えました。先生の話では、私だけでなく、他の方からも後から、「先生のやり方でいい」という事を言ってくださったとの事で、少し安心。
先生も大変だけど、頑張ってほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »