« もうすぐ夏休み | トップページ | 今日から夏休み »

光とともに13巻の感想

相変わらずの忙しさにて、間隔が開いていますね…
さて、タイトル通り、「光とともに」の最新刊が気がついたらでていましたので、その感想を少しだけ。

最後の光君のお母さんの手紙、すごく泣けてきました。
どこでも、多かれ少なかれ、こういった障がい児やきょうだい児に対する、偏見はあるのだと思います。
モエの通っている学校でも、やはりあるようですし。

でも、これって、やっぱり知らないことから始まっている事なんですよね。知らないから、自分と違うから…
何度も書いていますが、障がいだって、個性の一つ、背の高さ、右利き、左利きくらいの差、という世の中に早くなってほしいです。

|

« もうすぐ夏休み | トップページ | 今日から夏休み »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37687/41825286

この記事へのトラックバック一覧です: 光とともに13巻の感想:

« もうすぐ夏休み | トップページ | 今日から夏休み »